2015/05/12 Tue  22:00
虹の橋の話・・・27

ジョンくんの家は体が大きいだけあってぼくの家より大きかった。

「あっ、お母さんと臣兄ちゃんの写真がある!」

ジョンくんはうれしそうだ。

「お庭はどんなんだろう・・・」

ジョンくん、早速庭に出ていった。

「あっ、あじさいがある。ぼくの家に植えてあったのと一緒!」

ジョンくん、最高の笑顔。

「太郎さん、ありがとう」

ジョンくんは泣きながら言った。

「一緒のお花があるといいかなと思ってね」

「うん、うん、すごくうれしいよ」

「これからはここに住んでる友達と暮らしてお迎えが来るまで待っていなさいね」

「はい!」

ジョンくんは涙をぬぐいながら元気よく返事した。

「じゃ、ぼくはまだ仕事があるから詳しいことは茶太に聞いてね」

歩いていく太郎さんにふたりで手を振った。


「ジョンくん、素敵なおうちだよ。」

「ありがとう、ぼくも気に入ったよ」

「ここではお日様が沈まないんだ。みんなと遊んだりのんびりしたりして過ごすんだ。」

「お友達できるかな・・・」

「ぼくが紹介してあげる」

「ほんと?うれしいなぁ」

「みんなぼくくらいだから、ジョンくん見たら大きくてびっくりするかもしれないよ」

「そっかー・・・、ぼく、怖くないよね?」

「ジョンくんは優しい顔してるからちっとも怖くないよ」

ジョンくんはにっこり笑った。

「ここの時間の流れって生きていた時と違うんだ。人間の世界は太陽が昇って太陽が沈んだら次の日が来るんだけど、ここは人間の世界の1年がここでは1日なんだ。だから、ぼくのかあさんやジョンくんの家族が迎えに来るのに日にちはみじかくて・・・。遊んでいたらあっという間かもしれないから。楽しく遊びながら待っていようね」

「何年も待たなくていいんだ、よかった」

「それに、様子を見に行ったりもできるから寂しくないよ」

「ぼく、時々帰ってみるよ」

「ぼくはしょっちゅ帰ってるんだ、寂しいからね」

二人でクスリと笑った。


「いつも一緒に遊ぼうね」

「うん」

ぼく達は友達になった。
スポンサーサイト

プロフィール

ちゃた23

Author:ちゃた23
広島住みのメンタル弱めな奴です。
平成22年7月31日に愛犬茶太を13歳で虹の橋に送りました。まだまだ、ペットロス中です(⁀・ω・⁀)
只今、メンタル弱めの為に通院・療養中です。
子宮関係の治療の為に通院・治療中です。
つまんない日常の出来事を書いております。
良かったら、立ち寄ってください。
デコ職人してます。気軽に声をかけてください。
ハンネの「23」は茶太の誕生日(#^^#)(年齢ではありません(笑))

犬時計(庭編)

Tree-Arcive

アクセスカウンター

CalendArchive

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
258位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


2015年04月 ≪         HOME         ≫ 2015年06月