2015/01/31 Sat  16:56
月命日・・・

今日は月命日です。

最近、月命日でも更新しなくて何度目かわからなくなってしまいました( ̄▽ ̄;)

生きている時に食べられなかったチョコをお供えしました。

あと、焼き菓子も・・・。

みんなで、

「甘くて美味しいね」

なんて言いながら食べていると思います。


ツイッターで知り合ったラリママさんちのラリくんも同じ月命日を迎えています。

今日は亡き家族を思って泣いている方いると思う。

でも、天使になった子はお供えを楽しみにしてるかもしれないね( ´艸`)ムププ

「いつもより豪華なお供えが食べられる日」

だもんね(^-^)


家族を亡くして日の浅い方はにこやかに笑ってる姿を思い出してあげてください。

「虹の橋」は痛みも老いも苦しみもない穏やかなところ。

そんなところで、友達を作って仲良くみんなでママたちが迎えに来るのを待っています。

お供えをみんなで分けて食べたり、ピクニックに行ったり・・・。

そんなことを想像すると、

「クスッ」

と、笑顔になれるかもしれません。


みんな笑顔で再会したいですね(^-^)
スポンサーサイト

2015/01/28 Wed  20:06
虹の橋の話・・・21

ぼくたちは龍兄ちゃんとチャタくんのママを探しに地上に舞い降りた。

チ「ぼくの家、屋上があるんだ!」

龍「飛んで探すとすぐにわかるんだ。」

僕たちは空をウロウロ・・・。

チ「あっ、あそこ!ママがいる」

四角い屋上にひとりの女の人がいた。

椅子に座って悲しそうな顔をしてた。

龍「ママはいつもここに座ってぼくたちのこと考えてくれてるんだ」

龍兄ちゃんはママのお膝を枕にして転んだ。

龍「ぼくはいつもこうしてママに寄り添ってたんだ」

チ「じゃあ、僕も寝る」

チャタくんも同じように転んだ。

ふたりとも幸せな顔をしていた。

茶「ぼくたちもママの所に行ってこようよ」

「賛成!!」

みんな自分の家に向かって飛んでいった。

茶「じゃあ、ぼくも行ってくるね。」

龍兄ちゃんとチャタくんに手を振って飛んでいった

2015/01/16 Fri  19:50
虹の橋の話・・・20

今日もいい天気の虹の橋。

龍兄ちゃんとチャタくんと約束したお茶会の日。

ぼくは庭になっているおやつの実を収穫していた。

「茶太くーーん、行こうよ」

誘いに来たのはりんごちゃんとすずちゃん。

「SHUNくんは?」

「今日はかけっこの練習があるんだって」

りんごちゃんはパンいっぱいのカゴを持っていた。

「パンのなる草」買ってみたんだ」

「おいしそー、私のとこ摘んだからなにもなくて・・・」

すずちゃん、ペコリとお辞儀をした。

「いいよ、じゃあ行こうか」

今日は遠くなのでみんなで飛んでいった。


「こんにちはー、龍にいちゃん、チャタくん来たよー!」

ドアをトントンして呼んでみた。

「いらっしゃい、今日はココアにしてみたんだけどいいかな?」

龍兄ちゃんがドアを開けてくれた。

「私、大好きー!」

「私も!」

りんごちゃんとすずちゃんは大喜び。

みんなで緑の芝生の上に座ってピクニック気分。

ママの自慢話、こんなに愛されてたんだよって自慢話・・・。

みんな大事にされていたから話は尽きない。

「ママに会いたいよね。。。」

チャタくんがしくしく泣きながら言った。

龍「大丈夫だよ、迎えに来てくれるから。」

茶「そうだよ、ぼくらをおいて行ったりしないよ」

り「それまで仲良く待っていようね」

す「私なんてこの前ママに会いに行ったのよ」

チャ「ホントに?会いに行っていいの?」

龍「本当だよ、ぼくも行ってたからね。」

チャ「じゃあ、ぼくも行きたいよ。龍兄ちゃん連れてって!」

龍「後から行ってみよう。」

チャ「わーーーい」

チャタくんは笑顔になった。

茶「じゃあ、みんなも一緒に帰ろうよ」

「賛成!!!」

みんな大喜び!

やっぱり、ママのとこが一番だもん!

2015/01/15 Thu  22:51
虹の橋の話・・・19

とってもいい天気の虹の橋・・・。

こんな日は原っぱでゆっくりお昼寝したら気持ちいいよね。

「えーーーーーん、龍にいちゃーーん!!」

誰かが泣いている。

てくてく歩いていったら柴犬さんがいた。

「どうしたの?ぼく茶太って言うんだ」

「ぼくもチャタだよ。さきにこっちに来てる龍兄ちゃんを探してるんだ」

チャタくんは目をこすりながら言った。

「じゃあ、ぼくも一緒に探してあげるよ」

「ありがとう。龍兄ちゃんも柴犬で屋根の黄色い家だって太郎さんに聞いたんだけど見つからなくて。。。」

「黄色い屋根だね、飛んだほうが早く見つかるよ」

ぼくはチャタくんの手をつないで飛んだ。

「うわー、すごい!」

チャタくんははしゃいでた。

隣の村まで飛んで・・・。

「あっ、黄色い屋根の家!」

その家の前におりてドアをトントン。

「はーーい」

「あっ、龍兄ちゃん・・・だよね?」

「そうだよ。迎えに行けなくてごめんよ」

龍兄ちゃんはチャタくんと同じ柴犬さん。

二人似ていた。

「よかったね」

「ありがとう、茶太くん。」

「どうもありがとうございました。今度お礼にお茶会でもいかがですか?」

龍兄ちゃんとチャタくんはぺこりとお辞儀した。

「じゃあ、お友達も連れてくるよ、みんなで仲良くしようよ」

「ぼく来たばかりで友達いないからうれしいな」

「お茶菓子持ってくるから、一緒に遊ぼうね!」

「うん、約束!」

僕たちは手をつないでさよならした。


プロフィール

ちゃた23

Author:ちゃた23
広島住みのメンタル弱めな奴です。
平成22年7月31日に愛犬茶太を13歳で虹の橋に送りました。まだまだ、ペットロス中です(⁀・ω・⁀)
只今、メンタル弱めの為に通院・療養中です。
子宮関係の治療の為に通院・治療中です。
つまんない日常の出来事を書いております。
良かったら、立ち寄ってください。
デコ職人してます。気軽に声をかけてください。
ハンネの「23」は茶太の誕生日(#^^#)(年齢ではありません(笑))

犬時計(庭編)

Tree-Arcive

アクセスカウンター

CalendArchive

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
258位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


2014年12月 ≪         HOME         ≫ 2015年02月